椿大神社「奥宮」へ

昨日の続きです。

朝、6時前に出て、7時には登りはじめたいな。

と思っていたんですが、

一人行動の、私のお決まりパターンでは

ありますが、、結局出発は6時半すぎになり

コンビニに無駄に寄ったり

ガソリン入れたり、着いたのは8時すぎ( ̄∇ ̄;)

まず、「椿大神社」に

御神体の霊山へ登るご挨拶。


行きに撮り忘れ、これは登山帰りの椿さんの写真


鳥居を潜ったとたん

太鼓の音が鳴り響き、本殿に上がった時には

神主さん、巫女さんと勢揃いで「祝詞」を

捧げていました。

ほとんど人が居ない朝のシン。とした空気と

余りにも心地よい「音」で

しばし聴き入る。。

そんなことをしていたら、スタートは結局

8時50分と2時間近くの出遅れです。

でも頂上でランチしたいから

丁度いいとしよー( ̄∇ ̄;)

なんて思いながら、椿大神社の横道を上へ。

いざ「愛宕神社」からスタート!!



とはいえ、私はこの神社は素通りです。

コースが7つと、多いのですが

ここの神社の中を通って行くのが

1番キツいコースと、ネット情報から受け取った

「北尾根コース」

かくいう私は、昨日までは、ネットで調べた、

1番楽という、初心者むけのハイキングコース!

(と私が受け取った)の

「二本松尾根コース」

にするつもりだったのだけど

なぜか、車の中でM気質が騒ぎだし

「ハイキングかーー」

「もう少しキツいのほしいなーー」

的な気持ちになり、

調子にのって、二番目に楽な(と受け取った)

「井戸谷コース」

に急遽変更!

いざ、「井戸谷コース」からの出発です!



(が、しかし、、これをのちに激しく後悔することに、、)



はじめはこんな感じでスタートです。
平日のせいか、気候は最高ですが
誰にも会いません。



なんだろーこのお花!かわいい。
帰ってから調べるも、わからず。


(これも、調べるもわからず。。)

こんな感じで新緑の中にまじって

咲いてるお花がとにかくかわいい。

はじめはテンションも高めで進んでいきます。


そして、、



道幅狭っっ!!



崖との境がわかりにくいけど

一人しか絶対通れない幅よ!!



むむむ!結構なもんだわね!

と思いながらも

それでも、はじめはかなりゆっくり

新緑とお花に、ちくいち立ち止まり、

振り返りながら、進みます。



見えにくいけど、中央に滝が流れて
手前にはかわいい白いお花が。


ヤマボウシっぽいけど違うねーと思って
調べてみたら「ガクウツギ」という
ヤマアジサイの種類みたい。
とってもかわいいの。
これは登山中、たくさん見ましたよ。

そんなことをしながら

まだまだ余裕をかまして

進んでいくと傾斜がキツくなっていきます。



ひー。



ひょえーー。

と、だんだんと、道があるようで、ないような、、

でも分かりにくい道では、

木に赤いテープが貼ってあったり

岩に赤くマーキングしてあったりするので

それを気にしながら步いていきます。


(井戸谷って書いてある)



「ポイント3」
ここで1時間ぐらいたってました!



山の上から滝が流れてきています。

椿大神社に「かなえ滝」

というのがあるのですが

ここから流れているんですよ
(もっともっと上だけど)

もう汗がタラタラきていたので

顔をあらって、霊水なので

喉も潤し(飲んでます)ちょっとスッキリ。

しかし、ここからが、まじで!!

キツかった!!



これ、わかります?
赤い印が岩に書いてあるんです。
ここに向かえって印です。
ここからですか!!まじですか!!
って感じです。



とにかく、こんなのが続き
これ、本当に二番目に楽なのーー??

登山甘く見てたわぁー。。

と反省するも、時すでに遅し

今回、ほんと思ったのは

この富士山用に買った、登山靴!

これを履いて行って良かったー。。

ってことにつきます( ̄  ̄)


とにかく5年も前のだし、

ごっつすぎだし、なんかくるぶし当たるし、

靴づれしそーな気配まんてん。。

低山だし、初心者用なんて言ってる人いるし、

スニーカーでもいいかな、、

なんてことをギリギリまで考えましたが、、

それこそ、初心者がこんなコースで

スニーカー。。

ゴツゴツの岩場に根っこだらけの足場

水場もがんがん行かないとダメですよ。

考えただけでも、そらそら恐ろしいことです。

履いてきた自分を褒めてあげたい(笑)

そしてとうとう「ポイント5」に到着。


まだ、ポイント5。。。
ポイント10までまだ半分もあるよ!!!

時間を見ると、10時30分頃だったかな、、

既に出発してから、1時間40分たっています。

私すごい遅くない。。。?

あとこの倍。。ってことよね。。

。。。

とにかく登らねば。。

と前に進みます。

もうこの頃からは口からでる言葉は

「辛いよー」「疲れたよー」

ばかり。

「二本松コース」にしとけば良かったよー。

とすごい後悔。

少し楽な道になり、ずっと下を向けてた

視線をあげると(道がひどすぎて下を見てないと危ない)

新緑ばかりだった視界から、

真っ赤な色が見えます。



「あー、キレイ、なんだ?紅葉??なわけないな」

と一人でツッコミをいれながら

それを目指して近寄っていくと、、

なんと山ツツジ!!!



これー!見たかったの!!

山ツツジは地上?のツツジより

花が一回り小さくてとにかく、かわいい。

山へ登ると決めて色々検索してたら

誰かのブログにのってて、かわいいな~~

山ツツジなんてあるんだなー。見たいなー

なんて思ってたのよ。

疲れが癒されるわ。。。(泣)って感じです。

それから、いっぱい見かけました。



こんな感じで緑の中出てくるのが

ほんと綺麗なの~~

上の方しかないのかな?

反対に、今までみてた白いお花の

ガクウヅキを全然見なくなって。

ヤマツツジばかり。

へーなるほど~こういうのが

山歩きの楽しみなんだなぁ。

なんて、この時はちょっとだけ楽しくなって。

で、そんな時ですよ。

私、道まちがえたんです。

川というか、上から流れてくる

滝というか、それ沿いに

ずーーっと上がっていったんですが

途中で、川を渡らないといけなかったんです。

赤い印を見逃して、そのまま川沿いを

上に上がっていたんです。

ふと、ちょっとまた川の水でも、、

と、しゃがんで手袋とって

ピシャピシャしてたら

川の向こう側からおりてくる

人影が見えて、

あーー!初めて人と会った!!!

って全っっく、誰とも会わなかったから

しゃがみながらその人見てたら

その方、私の方向に来ることなく

下に降り、川渡って消えてったんです。

ん??

あれ??

道は一つのはず、、とそこから10mくらいかな

降りていったら、川岸に赤い印があって

川の向こうにも赤い印がある。。

ここ渡るんじゃん!!!

道まちがえてるじゃん私!!!

って気づいたんですよーー!

いやーー。。今の登山者こなかったら

やばかったのちゃうかしら。。

もうここまで来ると道なんて、

ないも等しく、赤い印見逃すとわからなくなる。

これは、ほんと、神様に助けられたーー

って思いました。

だって、神社出てから、初めての登山者よ。

道まちがえて、このタイミングで会うなんて。

神様以外いないでしょーよ。さすがは霊山。

ありがたやーありがたやー( ̄人 ̄)

と感謝しつつ、道を戻り、赤い印のある

川を渡る。

赤い印はたまに出てくるだけなので

ほんと、ぼんやりしてちゃダメだー

見逃さないようにしないと、、

ぼんやり病??を持ってる自分の

気を引き締めなおし。

かなり傾斜が強くなってきた

岩場を必死に足をもちあげて登る。。

もう、限界。。

「休みたい。。。」

と思わず口からこぼれる。。

避難所みたいな、休憩場所が出てくるはず

と思ってそこまでは、と

がんばってきたけど出てこず
(ポイント2であったらしいがそこだけだったみたい)

でも、岩ゴツゴツだし、傾斜は強いし

ちょっと腰を下ろすなんてできないのです。

「休みたいよー」「休ませてー」

ともう、そればかりをつぶやきながら、

「ポイント6」に着く。

はぁ、、まだ6。。。

もうどんだけ時間かかってもいいから

とりあえず休みたい!!!

とそればかり考え

光は葉の隙間から

漏れる程度の鬱蒼とした木々と

ゴツゴツとした岩場から、

チョロチョロと上から流れてる水を見ながら

かなりの傾斜を必死に登っていると、突然、

ほんと突然。

視界がスカッと!クリアになる。



これよ。突然すぎて

「へーー???」となります。

そして後ろを振り返ると、、



「えーーー!!!」

となる。

すごいすごいーー!

なんこれーーー!

こんなに登ってきたんだーー!

と一気に疲れが飛ぶ。

とりあえず、とりあえずここで

休憩しようー!!

とピンクのビニールシートを半分引き

荷物を置き、お茶をグビグビと飲む。

「生き返るとはこのことだ」

と思いながら、景色を眺める。

あーもう少しで、ポイント7!

10まであと3つ!がんばろー!

でもこれ頂上っぽいけど、

これ登るとまたなんか出てくるんかなー。

なんて考えてたら、

上から70才ぐらいに見える

ご年配の登山者が降りてきます。

で、休憩中の私に

「もう少しですよ、がんばって」

と声をかけてくれました。

「もう少しですか??」とまだポイント6を

過ぎたところだけど?と思いながら聞くと、

「見えるでしょ、あそこだからもう少し」

と。

後でわかりましたが、私が調べてた

「二本松コース」が、ポイント10までで、

井戸谷コースは、ポイント7まで!

でした( ̄▽ ̄;)あはは。。

私、もうすぐ頂上なのに

荷物おろして、ビニールシートなんぞ引いて

休んでるから、ご年配の方が

「なんでここでガッツリ休んでる??」

って思って声かけたのねーーー(//∇//)恥

と気づく。

気を新たに、ずんずん登って登り切ると、、



ズーム!


見えたー!!


そして、最後の力を振り絞り、

ようやく、ようやく、辿りつきましたー!


奥宮ー!!

「入道ヶ岳906m」

無事、無事、到着です。

時刻は11時20分

2時間30分もかかりました!




本当は、知多半島や、セントレアも

見えるらしいですが

ちょっと霧か雲か、ぼんやりで、

今回は見えませんでした。

が、素晴らしい眺めで、大満足でした!



見渡す限りパノラマビューです。



ビニールシートを引き、靴を脱ぎ捨て

お弁当ですよ!

一人なので、適当弁当ですが

この瞬間が、一番、幸せー!って感じました
(笑)

登ってきたときに男性の登山者が

一人いましたが、既に下山し誰もいません。

風はとっても心地いいのですが

なかなか日差しが、厳しくて

黒のスポーツスパッツに

ビシバシきます。

なるほど、山ガールたちのスパッツが

柄物が多いのはこのせいか、、

と気づく。

一時間ぐらいゆっくりしてから

下山したかったのですが

遮るものが何もないので

日差しに負けて

30分ぐらいで切り上げることに。

この頃には、三人のおじさまたちと

二人のお兄さんたち、

一人のお兄さんと、三組に増えて

みんなお昼を食べ初めていました。

時刻は、ちょうど12時。

私9時近くにスタートなんて

遅すぎたと思ったけど、

みんなお昼ちょうどに

頭頂するようにしてるんですね~。

帰りはもちろん!!

「二本松尾根コース」



休憩をとったとは言え、

もう足ボロボロ。

降りの傾斜のきついこときついこと。

だれが初心者用の山よー。

ぶーぶー(ㆀ˘・з・˘)

と心で文句をいいながら

でもこれ、道間違えた時に会った登山者と、

70歳ぐらいの年配の登山者の方

ここの急斜面でこんな苦労してるのに

「井戸谷コース」のあんな急斜面を

くだりに使ったら

ヤバくないのかなぁ~。。

と、そんなことを心配していたら、、、

上から「タッタッタッタ」と軽快な音が

近づいて来るので

二人通れそうな幅まで急いでいき、

お先どうぞ、したら、私と同じような

歳の方でしょうか。

「どうも」とペコっとし

なかなかの軽装備で、お猿のように

この急斜面を「タッタッタッタ」

と言う音と共に、あっという間に降りて、

あっという間に見えなくなりました。。

うそでしょー。。

なにその「音」

私の音は「ズッ、、ズーーー」ですよ。

途中まで、結構な!急斜なんですよ!

こんなゆっくりな一歩なのに、帰り三回も!

尻餅つきましたからね!

でもそうなのかーー、、

本物の登山者からしたら、

この山は初心者用の山ってわけねー。。

うーん、なるほどーーー。。。

でも!!

誰か超初心者の人が

私のように調べたら勘違いするので

私ははっきり書いておこうと思いますよ!

超初心者からしたら、ここはハイキング気分

なんかではなく!立派な山!!山ですよ!

軽装備ではヤバイですよ!!

ちなみに私は、富士山用に買った

ハイカットの登山靴に

ユニクロのドライTシャツ

ユニクロのドライパーカー
(上は全ユニクロ!)

ユニクロのスポーツスパッツに

富士山用にかったショートパンツ。

富士山用にかった雨よけのパーカーは

結局使わなかったけど、持っていきました。

で、手袋ですよ、必要です!

イベント用に使ってる大したことない

手袋でしたが持って行って良かったです。

ストックも「井戸谷コース」で

会った方々は持ってました
(それなりに重装備でした)

でも、ちょうどいい木の枝が結構

あちこちに落ちているので
(みんなが使ったもなでしょう)

それをストックがわりにして

私は登りました。

ストックないと、辛いです。



でもやはり「二本松尾根コース」
途中からは下りやすかったです。



少し余裕もでてきました。



休憩所もありました。



中はこんなです。

帰りは休憩することなく、

1時間40分?50分?

ぐらいで降りられました。

帰りにまた椿大神社さんに寄ると、、

素敵な催しが行われていました。



祭殿前に、木彫りで掘られた椿が

たくさん飾られ、とても美しかったです。

祭殿前はさすがに撮れず、チラリズムさせました^ ^; (奥をみると賽銭箱らへんの下にいっぱいの木彫りの椿)



日曜日までだったので、ラッキーでした!

参拝し、無事に戻れたことを感謝します。




これが途中で書いた「かなえ滝」です。

本殿横の椿岸神社の中にあります。

いつもは、ここで手を清め

霊水をいただくのですが

もう御神体の山で頂いてきたので、写真だけ。

椿大神社を出たら、14時でした。

5時間ほどの登山でした。

登山者用の駐車場に向かう途中に

新しくできた「椿茶園」という

お茶カフェがあり今年の新年に来た時は

まだオープンしていなかったので、

なかなか雰囲気が良い感じなので

入ってみる。

冷茶の新茶と椿草饅頭をいただきましたが

すごく、おいしかったです!

お店の女性の方が、どこから登られましたー?

と声をかけてくれたので、話しをしていたら

その方曰く、、

「井戸谷コース」「二本松コース」は

コースの中でも、

急斜面が多くてキツイ。

とのこと!!!(でぇっっ!!そうなの?!)

時間はかかるけど「北尾根コース」

はなだらかでのんびりと登山ができる

って言うじゃないの!!!

えーーー!!!

ネットとずいぶん話しが違うんですけど!!

なんてこと。。。となったのは

言うまでもありません。。(T-T)

でも、「井戸谷コース」

やはり途中からの、

あのスコン!と抜けるような

青空見たさに登る人多いそうです。

「二本松尾根コース」より川も断然多かったし

魅力的なコースではあったようです^ ^

終わった今となっては

「満足感」しか残っていません。

でも、もう一度「井戸谷コース」を

チョイスする勇気はないなーー(笑)

ほんとキツかったもの!!!


今度は、もっとちゃんと調べて

「北尾根コース」で、もっと余裕もって

その時期の木や、花を眺めながら

登ってみたいなー。

と思った私の「初」!!!

登山でした💮ハナマル!


それともう1つ!

登ったあとにわかったことですが、、

「奥宮」ではなく、「奥の院」とやらが

「奥宮」よりもっと上にある。

という事実。。(°_°)ガーン、ガーン、ガーン

でもそれは、登る前に知っていた、

としても、そこからまたさらに

一時間かかるそうなので

あの私の体力では

行くのは到底無理でしたが、、

いつか、もっと体力つけて

登ってみよう。

と誓った私でした( ̄  ̄)

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

norbu

Author:norbu
norbuです。
現在43才。
ヨガと東洋医学で身体全体を
整えながらの 妊活中。
仕事はこの一年、妊活のため
のんびりにしてますが
ガラスの作品を作ってイベントにでたり
ヨガを教えたりしています☆

焦らず、あきらめず
バランスよく日々を過ごしていきたいナー。


http://www.norbu.jp/

クリーマで作品販売はじめました☆
creema

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
フリーエリア
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
このページのトップへ