夏のヨガ

7月、8月は「心」と「小腸」に

影響が出ると言われています。

夏ヨガでは、この経絡を意識した

両腕の内側と外側を刺激する

上半身のポーズを多く取り入れつつ

梅雨から引き続きの「脾、胃」、

湿度に弱い上に、これでもか!

と冷たいものを取り入れて

弱くしがちなこの経絡も意識しながら

動いていきますよーー。


夏は陽気が一番盛んな季節です。

植物が成長し、気温がどんどん上がっていきます

私たちの身体も、自然界の一部なので

この時期は、陽気が一番盛んになります。

その陽気を作り出すために

「心」が活発に働くと言うわけです。

猛暑が続くと、熱(陽気)が

体内にこもります。

そのこもった熱を出すのが

「汗」 ですが

汗をかきすぎると、エネルギーを消耗します。

「気(エネルギー)」が不足すると

倦怠感や、息切れ、いわゆる「夏バテ」

につながります。

が、現代の夏バテは、冷房の中にいすぎて

汗をかかず、陽気を発散させないと

いけない時期なのに、発散できず

熱(陽気)が、体内でこもって

体調を崩す「夏バテ」もあり

結局、バランスなんだなぁ~と。

東洋医学では「心」は

西洋医学での「心臓」だけではなく

精神面での、「心(こころ)」 

の両方を指すので、

やる気がでなかったり、イライラしたり

もするんですね。


熱がこもらないように、汗はかくけど

昔と違って、暑すぎるので、

汗をかきすぎないように、エアコンも使う。

ただ、それで身体の芯まで冷やさないよう。

水分はたっぷりとるけど、冷たい飲み物ばかり

はダメですよってことですねーー。

後はやはり、旬のものを食べる。

につきます。


私はといえば、とんぼ玉の作品づくりで

夏は汗をかきすぎてる上、

知多来てからリフォーム好きの

イクラちゃんの影響とで、夏はほんと、

汗まみれで( ̄∇ ̄;) 現代の「夏バテ」

とは程遠い生活なのよね。。

熱中症に気をつけないと

いけないぐらい。。(一昨年なっただわな)

今年は、妊活のためにも

夏バテをしないよう!

ヨガと食とで、身体を整えていこうと

思ってますよ~~( ̄∇ ̄)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

norbu

Author:norbu
norbuです。
現在43才。
ヨガと東洋医学で身体全体を
整えながらの 妊活中。
仕事はこの一年、妊活のため
のんびりにしてますが
ガラスの作品を作ってイベントにでたり
ヨガを教えたりしています☆

焦らず、あきらめず
バランスよく日々を過ごしていきたいナー。


http://www.norbu.jp/

クリーマで作品販売はじめました☆
creema

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
フリーエリア
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード
RSSフィード
このページのトップへ